株式会社遠藤製作所|山形市の製造業メーカー。微精細加工分野で量産から小ロット多品種製作までトータルに新しい可能性を探求しています。

CSR 憲章

遠藤製作所グループCSR憲章

遠藤製作所グループは、ミッション「ものづくり人づくりを通じて世界へ貢献する」に基づき、
地域社会・お客様・取引先・金融機関・従業員・株主等のステークホルダーの皆様の期待と信頼に応え、
法令遵守を徹底し、本業を通じて次のことを中核課題として取り組み、
ビジョン「鼓動・躍動・感動のある企業」「お客様、従業員に信頼される企業」の実現を目指します。
また、これらの実践を通じて、持続可能な社会・環境の実現に貢献します。

1.組織統治

ガバナンスと事業継続マネジメントの推進により健全な経営を推進し、事業継続力の強化を図ります。また、本業を活用してイノベーションの推進と企業価値の向上を図ります。

2.人権

性別(ジェンダー)、年齢、民族、人種、国籍、宗教、信条、社会的身分、障害等による差別や差別への加担をせず、全てのステークホルダーの基本的人権やプライバシーを尊重します。

3.労働慣行

従業員1人ひとりが働き甲斐のある人間らしい仕事を実現でき、多様性が重視され、ワークライフバランスが取れた職場環境を整備すると共に、グループ全体でグローバルに活躍できる人材の育成を目指して、従業員の働く意欲や能力の向上に取り組みます。

4.環境

気候変動への対処、エネルギー、水資源、産業廃棄物削減・再資源化等の環境問題について、バリューチェーン全体で環境負荷の低減に努めると共に、環境マネジメントの推進とステークホルダーとの協働を図ります。

5.公正な事業慣行

関連法令などの遵守、公正な市場ルールと適正な商慣行の実施、契約の尊重やサプライチェーンでの調達機能強化により、持続可能な消費・生産形態の確保に貢献します。また、企業不祥事の未然防止に努め、取引先と相互に持続可能な発展を目指します。

6.お客様課題

お客様に関するあらゆる法令遵守と、トレーサビリティの強化等、バリューチェーン全体での厳しい品質管理体制を維持する事により、期待と信頼に応える、より高度な「お客様満足」の実現を目指します。

7.コミュニティーへの貢献

企業市民として、環境、文化、地域社会の活性化等の地域課題に対して、本業を活かして持続的発展に貢献します。

-以上-